医学部受験の理科は何を選択したらいいのか調査してみた

3066afe74f16a57892d162a3999e5744_s

医学部受験において受験生を悩ませる、「理科の受験科目選択問題」ですが、これを読んでいる受験生の方は、どちらを今勉強していますか?
多くの学生は化学ともう一つ、物理と生物どちらを選択しようかと考えあぐねているのではないでしょうか。

一般的に、医学部受験をする人は、理科は化学と物理を選択する人が大半だとされています。
そして、選択するなら物理のほうが無難であると言われています。
ですが、医学部で学ぶ内容としては生物の内容を頭に入れていれば有利だったり、授業内容の理解に役に立つという意見もあります。メリットやデメリット、向き不向きから考えて見ましょう。

メリット・デメリット

4664a61a1aaf63969747e3de0ca74434_s

物理を選択するメリットは、一度理解してしまえば高得点を出しやすい教科であるということです。
デメリットは、数学的な要素が強く、問題の回答にスピードが必要とされる場面が多々あるので、数学が得意ではなければ、足を引っ張る科目になる可能性があるということです。

では、生物を選択するメリット、デメリットについてみていきましょう。

メリットとしては、暗記や読解・記述力を試される問題が比較的多いため、勉強をきちんとしていれば確実に合格ラインに近づいていくことが出来るということです。
生物を選択するデメリットは、2次試験などで難しい問題が出る傾向があることと、満点、それに近い高得点を獲得しづらいということがあります。

向き・不向きと、有利・不利

c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s

では、どのような受験生が、物理や生物の学習に向いているのでしょうか。
数学が得意な生徒は迷わず物理を選びましょう。計算スピードに自信があったり、式変形なんかが好きだとなおいいでしょう。
数学が苦手だったり、暗記するのが得意という生徒は生物のほうが勉強していて楽しかったり、勉強しやすいかもしれません。

また、国語が得意な生徒も生物のほうが自分の得意を生かすことが出来るかもしれません。

また、どちらを選択したから、選択しなかったからといって医学部受験に不利だったり有利だったりがあるとは思わないほうがいいでしょう。
トータルで見ると、どちらを選んでも合格できる学力を持っている受験生が医学部に合格します。
得意不得意で考えたほうがいいでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ